住化テクノサービス株式会社

微量分析

作物残留試験

農薬の国内登録のための試験です。作物への農薬製剤散布と収穫までの試料調製 (圃場試験)と収穫された試料中の農薬 (有効成分)の残留量を測定する残留分析 (分析試験)から構成されています。

  • 試料調製 (圃場試験)
    作物を栽培し、農薬製剤を作物に散布します。収穫期に作物を採取します。
  • 残留分析 (分析試験)
    収穫された作物を細切片化後、ミキサーなどで粉砕、均一化後、この一部を分析に供し、試料中の農薬 (有効成分など)の残留量を測定します。

試験ガイドライン

「農薬の登録申請に係る試験成績について」
「農薬の登録申請に係る試験成績について」の運用について

適用作物の種類

試料調製:葉菜類、根菜類、その他 (作物の種類につきまして、ご相談に応じます。)
残留分析:マイナー作物を除きます。その他の試料に制限は特にありません。

残留分析で使用できる機器

高速液体クロマトグラフ (HPLC)
高速液体クロマトグラフ質量分析計 (LC/MS, LC/MS/MS)
ガスクロマトグラフ (GC)
ガスクロマトグラフ質量分析計 (GC/MS, GC/MS/MS)

お問い合わせ内容により、ご返信に数日いただく場合があります。あらかじめご了承ください。