住化テクノサービス株式会社

アフリカツメガエル Xenopus laevis

分類 無尾目ピパ科ツメガエル属
形態
  • 体長5~13cm。
  • 四肢は体側の真横に位置し、遊泳に適しているが、歩行は困難。
  • 後肢の5指の内、内側の3本に爪状の角質層が発達しており、“ツメガエル”の名の由来となっている。
  • 幼生 (=オタマジャクシ)は魚類の稚魚様の体形で、1対の髭がある。
分布 原産地:南アフリカ
生態
  • 成体は雑食性、幼生は植物食。
  • 完全な水生。
試験関連情報 OECD231、OCSPP890.1100参照。
アフリカツメガエル

お問い合わせ内容により、ご返信に数日いただく場合があります。あらかじめご了承ください。